イタリアン ダイニング
ミラノのおかず屋さん
ワインのことがよく分かるおもしろワイン講座
ソムリエの資格を持つ店主が気まぐれに書いています。少しずつ更新していきますので
気長に読んで下さい。
メニュー ランチ パーティー アクセス
ホーム >ワイン講座
 
基礎編

 
 
 ワインは氏と育ち

 私が小さい頃にはよく、おばあちゃんに
 「氏より育ち」と言い聞かされて育ったものです。

 最近の若い人たちはこの言葉を聞いたことさえないようですが、
 これは「身分、家柄などより教育、しつけの方がその人の人格を
 左右する」と言う意味です。

 私は、ワインに関しては、「氏と育ち」とよく言います。

 「氏」とは「ワインを造るブドウ品種」、
 「育ち」とは「穫れた地方 、気候、醸造方法、熟成方法」
 などのことです。
 
 そのワインの特徴付ける一番の要素は「ブドウ品種」
 つまり何のブドウ品種からワインが造られているかということです。
 
 次に大事なのが「どこの地方で、どこの造り手(ワイナリー)に
 よって、どういう造り方をされたか、と言うことです。

 造り方は初心者には難しいかも知れませんので、
 まずは、今飲んでいるワインは何の葡萄品種から造られて
 いるのかを調べてから飲む習慣にして下さい。
   

 
 
 ヨーロッパ系葡萄とアメリカ系葡萄

 さて、ワインは何から造られるのかと聞かれれば、ほとんどの
 方が、「葡萄」と答えると思いますが、意外と知られていないのが
 葡萄は大きく分けて2種類あると言うことです。

 ワインを造るのがヨーロッパ系葡萄で、主に生食、ジュース用
 なのがアメリカ系葡萄と呼ばれています。
 
 見た目にはどちらもあまり差がないので、「どっちも葡萄じゃん!」
 と思うかもしれませんが、アメリカ系葡萄からは通常ワインを
 作ることはありません。また造ってもおいしいワインを出来ません。

 逆にヨーロッパ系葡萄は通常フルーツとしてはあまり食べませんし、
 また食べてもおいしくはありません。

 ヨーロッパ系葡萄は糖度は強いのですが、同時に酸味も強く
 食べると酸っぱいようです。また香りもまったく違います。

 これは余談ですが、イタリアでは生食用のトマトとソース用の
 トマトがあり、ソース用のトマトは加熱することでおいしくなり、
 生食用は加熱すると色も香りも飛んでしまい
 おいしくないのと似ているかもしれません。
   
   
   
   
 
 
 
 
 
 
 
おいしいワインに
おいしいおかず

イタリアン レストラン
ミラノのおかず屋さん

〒760-0050
香川県高松市亀井町11-14
             江郷ビル1F
(ソレイユビル南向かい)

TEL & FAX : 087-837-1782

営業時間 

    11:00AM〜3:00PM
     3:00PM〜9:30PM(LO)

定休日  :特になし
席数    :75席

地図はこちらから

Page Top
Copyright(C) 2009ヨミラノのおかず屋さん All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】